健康情報全て

腸内環境を良くするために重要な4つのこと

今日は「腸内環境を良くするために重要なこと」をお伝えします。
これを知ることで腸内環境が良くなり、体調が整うだけでなく、基礎代謝が上がることで太りにくいカラダへの変化も期待できます!

今回は4つのポイントに絞ってお伝えしますね!

腸内環境改善

 

腸内環境をよくするために重要な4つのこと

①水溶性食物繊維

②不溶性食物繊維

③グルタミン

④発酵食品

 

① 水溶性食物繊維

食物繊維は『水溶性食物繊維』と『不溶性食物繊維』があります。
簡単に言えば、不溶性食物繊維が多いものは葉物野菜、水溶性食物繊維が多いのは海藻類とかです。

水溶性食物繊維は便通をよくしてくれる効果があります。
便を柔らかくして体外に排出してくれます。

また、腸内細菌の餌にもなります。

そして、短鎖脂肪酸という脂肪を細かく分解してくれるものを作り出します。

この短鎖脂肪酸があることによって蠕動運動が起きやすくなるのです。

腸内環境が悪いと腸内細菌の悪い菌が多くなり、短鎖脂肪酸の量が少なくなってしまいます。

 

難しい言葉になってしまってすいません(^^;

 

② 不溶性食物繊維

不溶性食物繊維とは先ほどお伝えした通り、葉物の野菜に多く含まれています!
これは腸内の便の量増しをしてくれます。お腹の中にものが少なければそりゃ便秘になりますよね。

ただし、注意点としてはしっかりと水分をとっていないと便がカチカチになり、便秘になります。

 

③ グルタミン

これはアミノ酸の1つで、トレーニングをしている人は知っている人が多いかもしれませんが、筋肉の分解を防いだり身体の免疫力を上げてくれるものです。
特に筋トレをすると不足してしまうので摂取しておくことは大切です。

そして、このグルタミンは腸内にも重要です。

実は腸内のエネルギー源にもなっているので、これが不足するとうまく腸が動かず、悪い菌が発生してしまいます。

サプリで摂るのをおすすめします。

 

④ 発酵食品

これはご存知の方が多いと思いますが、善玉菌やらを増やしてくれたり、餌になって善玉菌を活発にしてくれます。

でも実際にどんな効果があるかわからない人が多いと思うので少しだけ
自律神経の安定化による代謝の向上
血糖値の急上昇の抑制
脂肪などを吸着して外に排出
などです。

 

これらをしっかりと摂り、腸内環境を整えることでより一層ダイエット効果が上がります!

是非取り組んでみてください^ ^

あなたのカラダづくりが成功することを心から願っています^ ^
それではまた!